初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ勢は明日の決勝レースに自信

ホンダ勢は明日の決勝レースに自信

ペドロサが3戦連続して1列目を獲得すれば、ストーナーとドビツィオーソが2列目を確保。決勝レースで上位進出に自信を見せた。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第3戦ポルトガルGPの公式予選で3番時計を記録。ケーシー・ストーナーとアンドレア・ドビツィオーソは、4番手と6番手だった。

初日総合3番手のダニ・ペドロサは、1分38秒台を9回記録した後に1分37秒台を3連発。0.163秒差の3番手で、開幕から3戦連続して1列目を確保した。

「1列目が目標だったから嬉しい。明日のレースに向けて、もう少しセッティングを詰めたい。体調面は手術した後だから厳しくなることは覚悟している。肩の状態は少し良くなったけど、まだ張りがあし、痛む。」

「ロレンソに食らいつきたい。それがレースのカギとなるだろう」と、ポイントリーダーをマークすることを語った。

初日総合5番手のケーシー・ストーナーは、6度のコースインを繰り返し、1分37秒台を3回記録。0.223秒差の4番手で、今季初めて1列目を逃したが、BMW・M・アワードではランク1位を維持した。

「今日もベターな1日ではなかった。午前はタイムロスしてしまった。ウェットのセッティングをしただけ。その面では少し良くなったから、次にウェットで走るときに役立つだろう。」

「午後は昨日の続き。ブレーキングとコーナリングの改善に取り組んだ。コースに飛び出す度に重量配分を変更してけど、上手く行かなかったから、異なる方向性を試したら、良くなったけど、使用したかったタイヤを使うことができなかった。」

「レースで上位に位置するポテンシャルがあると思う。グッドなレースがしたい」と、上位進出に自信を見せた。

初日総合12番手のアンドレア・ドビツィオーソは、フリー走行3で6番手に浮上。公式予選では、1分38秒台を10回記録して、0.912秒差の6番手だった。

「スターティングポジションが重要だから、2列目が嬉しい。良い仕事をした。フロントのフィーリングが良くなり、昨日よりプッシュすることができた。コンスタントなリズムで走れたけど、最後にコンマ数秒縮めることができなかったけど、今日の結果でレースへの自信を与えてくれた」と、2日目の進歩を説明した。

Tags:
MotoGP, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Dani Pedrosa, Andrea Dovizioso, Casey Stoner, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›