Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソがPP奪取、スピースは2列目を確保

ロレンソがPP奪取、スピースは2列目を確保

昨年3連覇を達成したロレンソが、最速タイムを刻んで4年連続のポールポジションを奪取。スピースは開幕から3戦連続して2列目を確保した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第3戦ポルトガルGPの公式予選で今季初めてポールポジションを奪取。ベン・スピースは5番手だった。

昨年3連覇を達成したロレンソは、フリー走行2で初日総合の2番手を維持すると、公式予選では1分37秒台を6連発。最速リズムと最速タイムで、4年連続してトップグリッドを獲得した。

「難しい1日だった。ソフトタイヤでグッドなラップを刻み、コンマ1秒差でポールを獲得した。とにかく重要なのはレース。43回目のポールではない。」

「グッドなスタートを切り、頭脳的になり、幸運が必要だ。バイクは良くなっている」と、決勝レースに向けて集中した。

初日総合8番手だったスピースは、フリー走行3で13番手だったが、公式予選では1分37秒台を3回記録。0.705秒差の5番手に浮上した。

「グッドなセッションだった。困難な週末だったけど、バイクは決定的に良くなった。セッティングの仕事をすれば、改善できることは分かっていた。」

「100%ではないけど、2列目の真ん中に位置できたことが嬉しい。グッドなスタートを切り、グッドなレースがしたい。昨日よりすごく気分がいい」と、バイクが仕上がって来たことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Ben Spies, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›