初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリ、2連続の1番時計で初日制す

M.シモンセリ、2連続の1番時計で初日制す

昨年僅少さで表彰台を逃し、前戦ではトップ走行中に転倒を喫したが、2回連続して1番時計を記録。中量級のタイトルを獲得した2008年に初めてポールポジションと表彰台(2位)を獲得した舞台で好発進した。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのマルコ・シモンセリは、第3戦ポルトガルGPのフリー走行2で1番時計を記録。初日のセッションを制した。

昨年0.059秒差で初表彰台を逃し、前戦ではトップ走行中に転倒を喫したが、フリー走行1でシーズン初めての1番時計を記録。

フリー走行2では、最初のコースインで1分37秒台を2度記録。12ラップ目に転倒を喫したが、転倒前のタイムでセッションを制した。

「グレートな1日だ。午前の最初から速かったから。午後はストロングなリズムが続いた。セッティングの仕事をして、シャーシを少し調整した。全てが上手く機能した。」

「1コーナーで最大限にバイクを寝かせるために、改善しなければいけない。これが一番の問題だ。午前中、ブレーキングの問題があったけど解決した。完璧ではないけど、グッドなステップアップを果たした。セッティングに自信がある」と、初日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Marco Simoncelli

Other updates you may be interested in ›