初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:N.テロールが今季2度目のPP獲得

公式予選:N.テロールが今季2度目のPP獲得

ポイントリーダーのテロールが週末4度目の1番時計を記録。今シーズン2度目のポールポジションを奪取すれば、コルテセ、オリベイラが1列目を獲得。転倒を喫した尾野は21番手。明日の決勝レースを7列目から迎える。

第3戦ポルトガルGPの公式予選は30日、エストリルで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度26度のドライコンディションの中、3度のフリー走行を制したテロールは、1分46秒台を3回記録。1分46秒556の1番時計で、開幕戦カタールGP以来のトップグリッドを獲得。

初日2番手だったサンドロ・コルテセは0.714秒差の2番手。地元出身のミゲール・オリベイラは0.849秒差の3番手に入り、初の1列目を獲得した。

エクトル・ファウベルは1.044秒差の4番手。アルベルト・モンカヨ、ヨハン・ザルコ、ルイス・サロン、ジョナス・フォルガー、エフレン・バスケス、アドリアン・マルティがトップ10入り。

フリー走行3で13番手だった尾野弘樹は、転倒を喫したが、1分50秒台のリズムを掴み、3.877秒差の21番手。

アレッサンドロ・トヌッチは、フリー走行3で転倒を喫した際に左肩を骨折したことから、セッションをキャンセル。決勝レースを欠場する。

Tags:
125cc, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, QP

Other updates you may be interested in ›