Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:S.ステファンが逆転で3戦連続のPP奪取

公式予選:S.ステファンが逆転で3戦連続のPP奪取

昨年当地でMoto2クラスの初優勝を飾ったブラドルが最終ラップに逆転に成功。開幕から3戦連続してポールポジションを獲得すれば、ルティ、シモンが、マルケス、エジャーターが続き、フリー走行総合トップの高橋は7番手。ポイントリーダーのイアンノーネは14番手だった。

第3戦ポルトガルGPの公式予選は30日、エストリルで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温19度。路面温度24度のドライコンディションの中、昨年当地でMoto2クラスの初優勝を飾ったブラドルが、最終ラップに1分41秒591の1番時計を記録。開幕から3戦連続にトップグリップを獲得した。

フリー走行3を制したフリー走行総合2番手のトーマス・ルティは、0.163秒差で2005年10月第16戦トルコGP以来となるポールポジションを逃せば、先週リカルド・トルモでプライベートテストを実施したフリアン・シモンが3番手に入り、今季初めて1列目を獲得。

フリー走行総合3番手のマルク・マルケス、ドミニケ・エジャーター、ミケーレ・ピロが2列目を確保。

フリー走行総合1番手の高橋裕紀は、0.668秒差の7番手。ケナン・ソフォーグル、ジュール・クルーセル、ポル・エスパルガロがトップ10入り。

ポイントリーダーのアンドレア・イアンノーネは、1.000秒差の14番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, QP

Other updates you may be interested in ›