初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:N.テロールが全セッションを制す

ウォームアップ走行:N.テロールが全セッションを制す

開幕戦を再現するように、テロールが全セッションで1番時計を記録すると、コルテセ、フォルガー、マルティン、ファウベルが続き、21番グリッドの尾野は25番手だった。

第3戦ポルトガルGPのウォームアップ走行は1日、エストリルで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度20度のドライコンディションの中、ポールポジションのテロールは、1分48秒978の1番時計を記録。フリー走行1から全セッションを制した。

2番グリッドのサンドロ・コルテセは、0.412秒差の2番手。ジョナス・フォルガー、アドリアン・マルティン、エクトル・ファウベル、アルベルト・モンカヨ、セルジオ・ガデア、ダニー・ケント、ルイス・サロン、マーベリック・ビニャーレスがトップ10入り。

3番グリッドのミゲール・オリベイラは、2.913秒差の12番手。

21番グリッドの尾野弘樹は、8.037秒差の25番手だった。

26番グリッドのテイラー・マッケンジーは、公式予選の転倒で左肩を痛め、決勝レースをキャンセルする。

Tags:
125cc, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, WUP

Other updates you may be interested in ›