初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

今度はロッシがストーナーを批判

イタリアのテレビ局、MEDIASET(メディアセット)は、第3戦ポルトガルGPのフリー走行2で、ストーナーがトラック上でロッシと遭遇した際に、テールカウルを叩いたパフォーマンスに関して報道。

ロッシは、ストーナーの対応に関して、「理解できない。状況は通常に起きることで、彼を待ていた訳ではない。ただ単にリズムを落としただけ。もし、ついて来られたくなければ、1人で走ればいい。彼は何度も僕を追いかけたことがあった。」

「最近、僕との間で何があったのか分からない。もしかしたら、僕とは仲が良くないかもしれない。ヤマハを残留しなかったことや肩の状態など、彼は本当のことを知らないのに話題にしている。」

「ヘレスのアクシデントに関しては謝るしかないけど、その前から僕のことを少し正しくないライダーだと言った。トラックで遭遇するのは怖いと。もしかしたら、ラグナセカのバトルをまだ受け入れられないのかもしれないけど、あれがレース。1人が勝ち、もう1人が負ける」と、強迫観念に取りつかれていると語った。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›