初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、アップデートされたシャーシに手応え

V.ロッシ、アップデートされたシャーシに手応え

改良されたシャーシとエンジンに好感触。アップデートされたシャーシを、ルマンから投入することを決めた。

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシは2日、エストリルで開催されたオフィシャルテストで、シャーシの比較テストに取り組み、5番時計を記録した。

決勝レースで5位に進出した際に使用したシャーシとドゥカティで投入した改良シャーシの比較テストを中心にテストプログラムを消化。82ラップを周回すると、1分37秒台を18回記録。

公式予選のタイム(1分38秒271)を0.889秒更新しただけでなく、レース中のベストラップ(1分38秒318)を0.936秒伸ばす1分37秒382を刻んだ。

「ニューアップデートは直ぐにベターだったから、ポジティブなテストとなった。フロントの感触が良くなり、セットアップの仕事がイージーになる。バイクに乗ったときにそれに気づき、コンスタントに良くなって行った。」

ドゥカティは、改良されたエンジンも投入すれば、ブリヂストンは2012年を視野に入れたタイヤを準備。

「パワーデリバリーが少しスムーズになったエンジンを試した。すごく気に入った。ローテーションプランが許されるときに、このエンジンを使い始めよう。ブリヂストンのタイヤも気に入った。50ラップを走った後で、少し疲れていた。グッドな体調で新しいタイヤを試すことができなかったけど、感触がグレートだ。」

「他のライダーたちは大きな進歩を果たした。あまりポジティブではなかったのは、上位陣とのギャップが広がったこと。ドゥカティのエンジニアたちは懸命に働いている。これは正しい方向に向かっている意味だ。仕事を継続しなければいけないけど、今日のテストは信頼性をもたらしてくれる。」

ロッシは、改良されたシャーシを昨年ポールポジションから2位を獲得した次戦フランスGPに投入することを決断した。

Tags:
MotoGP, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Valentino Rossi, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›