初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第4戦フランスGP:125ccクラスプレビュー

第4戦フランスGP:125ccクラスプレビュー

開幕3連発のテロールに、ドイツ勢のコルテセとフォルガー、地元出身のザルコ、同胞スペイン勢のバスケス、ガデア、ファウベルが挑戦する。

第4戦フランスGPは13日、ルマンで開幕。8日に決勝レースが行われ、ニコラス・テロールがポイントリーダーとして登場する。

開幕から3連勝を達成したテロールは、昨年唯一のポールポジションからコンマ9秒差で優勝を逃したルマンに挑戦。通算100戦目で、同胞の英雄、ホルヘ・マルティネス・アスパルとエミリオ・アルサモーラを超える通算27度目の表彰台獲得に挑む。

ポイントリーダーに挑戦するのは、2人のドイツ人ライダー、サンドロ・コルテセとジョナス・フォルガー。スペイン勢が毎年上位を独占する舞台で、上位進出を目指す。

地元代表は、イタリアでキャリアをスタートさせたヨハン・ザルコ。2戦連続表彰台の勢い持ち込み、2008年のマイク・ディ・メッリオ以来となる表彰台を目指す。

序盤3戦で主役に躍り出たマーベリック・ビニャーレスと前戦17位の尾野弘樹にとっては、ルマン初挑戦。素早い順応が要求されれば、ミケール・オリベイラはルーキーズカップの参戦経験を活かしたいところ。

Tags:
125cc, 2011, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›