初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:D.ペドロサが今季初優勝

決勝レース:D.ペドロサが今季初優勝

3番グリッドのペドロサが終盤にトップに飛び出した後、ファーステストラップを連発。今季初優勝を飾れば、ポールポジションのロレンソは2位。ストーナーは3位表彰台を獲得。11番グリッドの青山は7位争いに競り勝ち、2戦連続のシングルフィニッシュを決めた。

第3戦ポルトガルGPの決勝レースは1日、エストリルで行われ、ダニ・ペドロサが今季初優勝を飾った。

気温20度。路面温度38度のドライコンディションの中、3番グリッドのペドロサは、ホルヘ・ロレンソとのコンマ数秒のバトルを展開。ラスト4ラップで初めてトップに飛び出すと、ファーステストラップを連発。左肩の痛みに耐え、エストリル初優勝を飾った。

4年連続のポールポジションからスタートしたロレンソは、3.051秒差の2位。開幕から3戦連続の表彰台を獲得した。

4番グリッドのケーシー・ストーナーは、レース中に腰痛に襲われたが、3位表彰台を獲得。

6番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、9番グリッドのバレンティーノ・ロッシとのバトルを展開。ゴールライン直前で抜き、4位に進出。ウォームアップ走行で1番時計を記録した7番グリッドのコーリン・エドワーズは、今季最高位の6位を獲得した。

11番グリッドの青山博一は、8番グリッドのカル・クラッチローとのバトルに競り勝って7位フィニッシュ。開幕から連続のトップ10入りを果たせば、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエがトップ10入り。

左脚大腿骨から復帰したアルバロ・バウティスタは、15番グリッドから13位でフィニッシュ。

2番グリッドのマルコ・シモンセリは、オープニングラップで転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ロレンソが65ポイントでポイントリーダーの座を維持。今季初優勝を飾ったペドロサは4ポイント差に接近すれば、ストーナーは24ポイント差のランク3位。青山はランク7位に位置した。

Tags:
MotoGP, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, RAC

Other updates you may be interested in ›