Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ勢、明日の決勝レースに自信あり

ヤマハ勢、明日の決勝レースに自信あり

2日間ホンダ勢に抑え込まれたが、ヤマハの両雄、ロレbンソとスピースが決勝レースでの上位進出に自信を見せた。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第4戦フランスGPの公式予選で5番手。ベン・スピースは8番手だった。

フリー走行総合6番手のロレンソは、0.553秒差で今季初めて1列目を逃したが、1分34秒台を最多の12回記録。

「2列目からスタートして、34.0秒、34.1秒のリズムをキープしよう。このリズムで走ることができれば、表彰台争いができるだろう。もし、誰かがミスを犯したら、十分に速くなかったら、僕は少し速く走ることができ、もっと上でバトルができるだろう。それが僕たちの目標だ。」

「楽観的だ。ペドロサとドビツィオーソからそう遠くない。もう少し速く走ることができれば、彼らと一緒に走ることができるだろう」と、4戦連続の表彰台に自信を見せた。

フリー走行総合10番手のスピースは、1分35秒台を6回。1分34秒台を3回記録して、1.953秒差の8番手だった。

「正しいセッションだった。最速ラップ中に、少し止められてしまったけど、週末を通して自信を掴み、バイクのフィーリングを良くするように努めてきた。」

「明日、幾つか変更して、何かを見つけたい。グッドなリズムがある。グッドなポイントを稼げる大きな自信がある」と、開幕戦以来となる上位進出に手応えを掴んだことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2011, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Jorge Lorenzo, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›