初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、今季最高のベストスターティンググリッド確保

レプソル・ホンダ、今季最高のベストスターティンググリッド確保

3度のフリー走行を制したストーナーが今季3度目のポールポジションを奪取。ドビツィオーソが今季初の1列目。ペドロサが4番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

レプソル・ホンダのケーシー・ストーナーは、第4戦フランスGPの公式予選で1番時計を記録。ポールポジションを獲得すれば、アンドレア・ドビツィオーソとダニ・ペドロサは、3番手と4番手だった。

開幕戦を再現するように、3度のフリー走行を制したストーナーは、1分33秒台を最多の8回記録。1分33秒153の1番時計を刻み、今季3度目、ルマン初のポールポジションを獲得した。

「すごく嬉しい。2台のマシンのセッティングに集中。コンディションは完璧ではなかったけど、僕のホンダは良く機能した。限界まで走る必要はなかった。これは良いことだ。」

「3度のポールポジションだけど、優勝できたのは1度だけだから、優勝争いがしたい」と、今季2勝目を狙うことを誓った。

フリー走行総合3番手のドビツィオーソは、1分34秒台を9回記録、1分33秒台を2回記録。0.468秒差で、今季初、最高峰クラスで4回目の1列目に進出した。

「1列目からのスタートが嬉しい。目標だったけど、達成できるとは思っていなかった。午後にセッティングを幾つか変更して、フロントのフィーリングが良くなった。」

「大きな自信を持ってレースを迎える。表彰台争いができる。ケーシーは速く、逃げるだろう。グッドなリズムがあるから、シモンセリとバトルができる」と、今季初、2年連続の表彰台に挑戦することを語った。

フリー走行総合4番手のペドロサは、1分34秒台を7回記録、1分33秒台を4回記録。0.530秒差で、今季初めて1列目を逃した。

「昨日よりも大きく良くなったけど、リアのトラクションがまだ足りない。ソフトタイヤでグッドなリズムが見つかったけど、最後のコースインで、ソフトタイヤを最大限に活かせなかった。ウォームアップ走行でバイクを少し良くしないと。」

「ケーシー以外にも、シモンセリとドビツィオーソが接近しているし、ロレンソも良くなったから、バトルの準備をしないと。レースは長く、難しい。エストリルのように全力を尽くす」と、2連勝を視野に入れていることを説明した。

Tags:
MotoGP, 2011, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Dani Pedrosa, Andrea Dovizioso, Casey Stoner, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›