初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPライダーたちがアクシデントに意見

MotoGPライダーたちがアクシデントに意見

ペドロサとシモンセリのアクシデント後、当事者を含め、MotoGPライダーたちが反応。私見を語った。

第4戦フランスGPの決勝レースで、ダニ・ペドロサとマルコ・シモンセリが接触。転倒を喫したペドロサは、右鎖骨を骨折すれば、シモンセリはライドスルーのペナルティを科せられた。

レース後、MotoGPライダーたちが私見を語った。

ダニ・ペドロサ
「シモンセリに抜かれ、抜き返し、ベストな走行ラインを取った。彼はブレーキを離して突っ込んできた。どうすることもできなかった。鎖骨を骨折した。悪夢から抜け出したばかりで、また怪我してしまった。不正当だ。相応しくない。」

マルコ・シモンセリ
「ペドロサはストレートで僕を抜こうとした。ブレーキングのとき、僕は前のラップと同じように通常のブレーキングだった。アウトサイドからパッシングしようとトライした。彼の前に位置して、彼がコーナーをクリアーできるようにスペースを開けようとトライした。」
「ビデオを見ると、彼のバイクは少し突っ込み過ぎ、走行ラインを外れ、僕にぶつかった。僕はバイクを起こそうとしたけど、あまりにも遅すぎた。僕の後ろにぶつかり、転んだ。」
「転んだこと、特に怪我してしまったことに申し訳ないけど、僕の考えでは、何も不正なことはしなかった。状況はレースで起こることだと思う。」
「レースディレクションの決定は、エストリルからのここ数日間の口論が引き金となったと思う。もし、僕が関わっていなければ、このようなペナルティを適用しなかったと思う。」

バレンティーノ・ロッシ
「僕の考えでは、今回はマルコがハードだったと思う。もしかしたら、少しアグレッシブだったかも。ダニには何もするスペースがなかった。ミスだったとも思う。レースのあの時点で、マルコはストロングだったから、もしかしたら、ブレーキングでダニを抜くのではなく、次のラップで抜くことができただろう。」

ケーシー・ストーナー
「アクシデントを観る機会がなかったから、今の時点で判決を下すのは不可能だ。」

ニッキー・ヘイデン
「1度しか観ていないから、何が起きたのか確かではない。2人の間のことで、僕が1人1人について語る必要はない。みんながこの件に関してそれぞれ意見があるはず。2人のライダーがアタックしているとき、いろんなことが起こりる。今週末は、口論や歴史があまりにも多過ぎた。」

アンドレア・ドビツィオーソ
「テレビを観ていないから、何も言うことができない。重要なのは、ライダーがしようとしたことなのか、ただ単にブレーキングが遅すぎたのかを理解することだ。」

アルベルト・プーチ
「以前にも見ました。多くのことは言うことができませんが、全く酷いです。映像は一人で話します。シモンセリは危険だと以前から話題になっていました。正真正銘に無学なライダーだと思います。何が起こったのか、何も理解できないと思います。」
「今、ダメージを受けました。ダニは鎖骨を骨折したようです。またシーズンが台無しになりました。全く恥ずべきこと。彼を閉じ込めなければいけないので、彼のチームが彼の行為を自覚することを期待します。初めてのことではないことから、セーフティ委員会が何か行動することを願います。既にエストリルで注意され、ロレンソと話しましたが、誰の意見も聞かないようです。」

ファースト・グレシーニ
「ペナルティだけを受け入れることができます。レーシディレクションは、ただ仕事をしただけだと確信しています。」
「アクシデントには本当に気に入れません。マルコは彼のレースとしようとトライしましたが、時々接触します。アクシデントが悲しいです。もちろん、全てのライダーは他のライダーに影響を与えないことを望みます。モーターサイクルレースのために。」
「全員が落ち着いて、シーズンを続けられるようにするために、可能な限り素晴らしいレースにするために、ここ数日間の口論に終止符を打つときだと思います。」
「マルコは大変不愉快に感じています。それ以上に、起きたことに対して混乱しています。レースのアクシデントです。何もない接触もあれば、不運なことをもたらすこともあります。マルコはスポーツマンであり、ダニの怪我を心から悲しんでいます。」

Tags:
MotoGP, 2011, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›