初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ、参戦50周年記念のカラーリングを発表

ヤマハ、参戦50周年記念のカラーリングを発表

参戦50周年記念の一環として、アッセンとラグナセカにスペシャルカラーを準備。デザインが発表された。

ヤマハ発動機は17日、今年グランプリ参戦50周年を迎え、第7戦TTアッセンと第10戦アメリカGPに、スペシャルカラーリングのM1を走らせることを発表した。

ヤマハは、50周年を記念して多彩なイベントを予定。第7戦TTアッセンの開催前日となる6月22には、2010年王者のホルヘ・ロレンソと2010年新人王のベン・スピースが50周年記念カラーのM1を披露する。

赤と白を基調にしたカラーリングは、ヤマハ・ファクトリー・レーシングの伝統的なカラーリングにモダンテイストを織り込んだもので、50年に渡りヤマハのファクトリーマシンに受け継がれるDNAを表現していることを説明した。

ロレンソは、スペシャルカラーに対して、「デザインはとても気に入った。歴史の重みを感じる。リードやアゴスティーニが活躍していたときと同じようなカラーリングを今のM1に使えることは最高だ。今年はヤマハにとって特別の年。このカラーリングが幸運を呼んでくれることを期待する」と、感想を語った。

Tags:
MotoGP, 2011, IVECO TT ASSEN, Jorge Lorenzo, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›