初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、右鎖骨を手術

D.ペドロサ、右鎖骨を手術

自然治療より手術を決断。左鎖骨を手術した同じ医師団により、右鎖骨を手術したが、ホームレースの参戦は微妙な状態が続いている。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは18日、バルセロナ市内の病院で右鎖骨の手術を受けた。

第4戦フランスGPの決勝レースで転倒した際に、右鎖骨を骨折。精密検査を受けるために、ルマンからバルセロナ市内の病院に直行。右肩と腕を固定し、入院した。

ペドロサ本人には、自然治療に専念する選択があったが、最終的に手術を決断。4月6日に、左鎖骨に埋めてあったプレートを除去する手術を担当した同じ医師団により、右鎖骨の骨折箇所をプレートで固定する手術を受けた。

来週からリハビリを開始するが、ホームレースとなる6月5日の第5戦カタルーニャGPへの参戦に関しては、現時点では確定していない。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›