Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、明日からリハビリ開始

D.ペドロサ、明日からリハビリ開始

骨折した右鎖骨の手術から1週間後に、リハビリを開始するが、ホームレースへの参戦に向けて、慎重な姿勢を見せた。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは23日、自身のブログで、25日から骨折した右鎖骨のリハビリを開始することを明かした。

前戦フランスGPの決勝レース中に転倒を喫した際に、右鎖骨を骨折。18日にバルセロナ市内の病院で手術を受けた後、右肩、右腕を固定した状態で自宅静養に努めている。

「医師から1週間の絶対安静が必要だと言われたから、指示に従って、家で休んでいるところ。手術したところをほとんど動かすことができない。順調に回復するためには、ここ数日間は動かすべきではない」と、状況を説明。

「今までの経験から、ここ数日間は回復に専念し、医師の指示に文字通りに従わないと。最優先事項はこの怪我から治すこと。バイクに乗るための体調に戻すことだ。当然、もし、バルセロナに間に合うようであれば、最高だけど、回復期間は、日々決まって来るだろう。」

「水曜から物理療法士と一緒にリハビリを始める。日々の回復具合だけが、回復期間を決めて行くことになるだろう。鎖骨の回復具合を毎日確認しないと。」

慎重な姿勢を崩さないペドロサは、自宅静養を利用して、ジロ・デ・イタリア(イタリア全土を舞台に展開される自転車のロードレース)のテレビ観戦に夢中となっていたことを認めた。

「ここ数日間は、ジロを楽しむことができた。僕はサイクリングが大好きだから、ここ数日間のスペシャルステージを楽しんだ。」

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›