初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第5戦カタルーニャGP:125ccクラスプレビュー

第5戦カタルーニャGP:125ccクラスプレビュー

ポイントリーダーのテロール、デビュー4戦目で優勝を飾ったビニャーレスら、スペイン勢が今季2度目のホームレースに挑戦する。

第5戦カタルーニャGPは3日、カタルーニャ・サーキットで開幕。5日に決勝レースが行われ、ニコラス・テロールがポイントリーダーとして登場する。

前戦でクラス4人目となる通算100戦目を迎えたテロールは、開幕から4連勝を逃したが、昨年8月の第10戦チェコGPから13戦連続の表彰台を獲得。

昨年優勝争い中に転倒を喫し、腰椎を骨折したことから、2戦の欠場を強いられたカタルーニャを前に、先週モーラーランド・アラゴンで開催された2日間のプライベートテストに参加。1日目に1番時計を記録し、特別にテストプログラムがなかったことから、2日目の走行をキャンセルした。

36ポイント差のランク2位サンドロ・コルテセ、42ポイント差のランク3位ヨハン・ザルコ、43ポイント差のランク4位ジョナス・フォルガーは、安定して上位に進出するが、ポイントリーダーとのギャップを詰めるために、連戦の緒戦で表彰台を獲得して、勢いに乗りたいところ。

序盤の出遅れから巻き返しを図るのは、エフレン・バスケス、セルジオ・ガデア、エクトル・ファウベルの地元勢。バスケスは前戦で今季初表彰台を獲得すれば、ガデアとファウベルは、プライベートテストで徹底的には走り込んだ。

ルマンで史上3番目の最年少優勝を飾ったマーベリック・ビニャーレスは、地元に凱旋。プライベートテストでは2日目に1番時計を記録して、テストを制した。もし、優勝すれば、史上最年少の2連覇達成となる。

2戦連続して数秒差でポイントを逃した尾野弘樹は、カタルーニャ・サーキットに初挑戦する。

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›