初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.エドワーズ、右鎖骨を骨折

C.エドワーズ、右鎖骨を骨折

ランク9位のエドワーズが転倒を喫した際に右肩を強打。右鎖骨を骨折したことから、早期回復に向けて、手術を受ける。

モンスター・ヤマハ・テック3のコーリン・エドワーズは、第5戦カタルーニャGPのフリー走行2で転倒を喫した際に、右鎖骨を骨折。明日4日、バルセロナ市内の病院で手術を受ける。

フリー走行1で6番手発進した後、125ccクラスのセッション終了間際に降った小雨がほぼ乾き、新しいスリックタイヤを入れて、4度のコースインとなった11ラップ目の5コーナーで、今季3度目の転倒。クリニカ・モービルで右鎖骨が確認された。

チームマネージャーのエルベ・ポンチャラルは、「不運にも、コーリンは右鎖骨を骨折しました。今週末は戦闘的で、ストロングになることは確実だったので、彼とチームにとって、本当に残念です。」

「コーリンのここまでのシーズンは最高でした。もしかしたら、今までで最もストロングなシーズンかもしれませんが、その中で、最速ライダーの1人であることを証明しました。ちょっとしたミスで高い代償を払ったようです。」

「今週末中に回復状況の明白な状況を把握するために、明日の午前中に手術を受けます。今、重要なのは休息で、可能な限り早く回復することです。早期回復を願います」と、語った。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Colin Edwards, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›