Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:T.ルティが地元勢を抑えて1番時計発進

フリー走行1:T.ルティが地元勢を抑えて1番時計発進

ルティが地元出身のエスパルガロとシモンを抑えて、1番時計を記録。ポイントリーダーのブラドルは4番手。昨年の勝者高橋は27番手だった。

第5戦カタルーニャGPのフリー走行1は3日、カタルーニャ・サーキットで行われ、トーマス・ルティがトップタイムをマークした。

気温19度。路面温度24度のドライコンディションの中、ランク5位のルティは、セッション終盤に1分47秒台を2連発。1分47秒571の1番時計を記録した。

地元出身のアレックス・エスパルガロは、0.123秒差の2番手。今季最高のスタートを切れば、先週モーターランド・アラゴンでプライベートテストを実施したフリアン・シモンは、1分47秒台を最多の3回記録した。

ポイントリーダーのステファン・ブラドルは、0.298秒差の4番手。シモーネ・コルシ、ポル・エスパルガロ、ドミニケ・エジャーター、アクセル・ポンス、ケナン・ソフォーグルがトップ10入り。

昨年トップを走行したアンドレア・イアンノーネは、0.796秒差の11番手。昨年の勝者高橋裕紀は、1.679秒差の27番手だった。

前戦勝者のマルク・マルケスは、4ラップに転倒を喫して、最下位の38番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, FP1

Other updates you may be interested in ›