初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハの両雄が今季初めて表彰台に並ぶ

ヤマハの両雄が今季初めて表彰台に並ぶ

ヤマハの両雄、ロレンソ&スピースが開幕から5戦目でダブル表彰台を獲得。トリプル2連戦の緒戦で好発進した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第5戦カタルーニャGPの決勝レースで、3番グリッドから2位。ベン・スピースは4番グリッドから3位に入り、今季初めて2人が揃って表彰台に並んだ。

ポイントリーダーとしてホームレースを今季4度目の1列目から迎えたロレンソは、オープニングラップを制したが、2番手を単独走行。目標の表彰台を獲得した。

「すごく嬉しいリザルト。全力を尽くした!ケーシーに抜かれることは覚悟していた。雨が降り始め、最終セクションで集中力を維持するのが難しかった。ポイントリーダーを続けている。シルバーストンが楽しみだ」と、目標達成に喜んだ。

ランク12位のスピースは、連戦の緒戦でトップ10入りを目標に設定。フリー走行1で4番手に進出すると、安定してトップ5入り。決勝レースでは、1ラップ目から3番手を維持することに成功した。

「レース中はプッシュを続けた。ステップ・バイ・ステップでホルヘに接近した。彼を抜こうとしてトライしたのではなく、アンドレアの前を維持したかっただけ。バイクはエクセレント。快適で、この結果が必要だった。」

「数ラップを走った後、表彰台の可能性に気づき、全力で攻めた。グッドなタイヤチョイス。望んでいたことを達成したから、すごく嬉しい。グレートなバイクを与えてくれたチームのみんなに感謝したい。シルバーストンが楽しみだ。」

スピースは、昨年初表彰台を獲得した英国の舞台を前に、一気にランク7位に浮上した。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Ben Spies, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›