初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:R.クルメンナッハが初の1番時計

フリー走行2:R.クルメンナッハが初の1番時計

前戦で自己最高位5位を獲得したクルメンナッハが、中量級に進出して初めてセッションを制すと、マルケス、スミス、エジャーターが続き、ポイントリーダーのブラドルは5番手。高橋は14番手だった。

第6戦イギリスGPのフリー走行2は10日、シルバーストンで行われ、ランディ・クルメンナッハがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度28度。ウェットからドライへ路面コンディションが変わる中、フリー走行1で5番手だったランク12位のクルメンナッハが、終盤に2分15秒台を2連発。2分15秒090の1番時計を記録し、中量級に進出して初めてセッションを制した。

フリー走行1で6番手だったランク7位のマルク・マルケスは、0.117秒差の2番手に浮上。ブラドリー・スミスは、1.651秒差の3番手。ドミニケ・エジャーターは3.042秒差の4番手。

フリー走行1で2番手だったポイントリーダーのステファン・ブラドルは、3.109秒差の5番手。ポル・エスパルガロ、ミケール・ピロ、アクセル・ポンス、ラファエレ・デ・ロサ、ヨニー・エルナンデェスがトップ10入り。

フリー走行1で13番手だったランク5位の高橋裕紀は、ウェットからドライに変化するコンディションの中で連続13ラップを実行。6.211秒差の14番手だった。

フリー走行1を制したランク23位のスコット・レディングは、9.069秒差の23番手。

ランク2位のシモーネ・コルシとランク3位のアンドレア・イアンノーネは、トップから107%落ちだった。

Tags:
Moto2, 2011, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›