初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:C.ストーナーがウェットでも快走の1番時計

フリー走行2:C.ストーナーがウェットでも快走の1番時計

前戦2連勝を達成したランク2位のストーナーが、ドライのフリー走行1に続き、ウェットのフリー走行2でも連続の1番時計。シモンセリ、ヘイデン、クラッチローが続き、ポイントリーダーのロレンソは5番手。ロッシは9番手。シルバーストンに戻って来た青山は15番手だった。

第6戦イギリスGPのフリー走行2は10日、シルバーストンで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温13度。路面温度21度のウェットコンディションの中、ドライコンディションのフリー走行1を制したランク2位のストーナーは、2分15秒666の1番時計を記録。初日2度目のセッションを制した。

ランク9位のマルコ・シモンセリは、0.797秒差。連続の2番時計を記録すれば、フリー走行1で4番手だったニッキー・ヘイデンは、1.404秒差の3番手に浮上した。

フリー走行1でベストスタートとなる6番手だったカル・クラッチローは、2.443秒差の4番手。地元デビュー戦に向けて、幸先のスタートを切った。

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、3.017秒差の5番手。アンドレア・ドビツィオーソ、ベン・スピース、カレル・アブラハム、バレンティーノ・ロッシ、トニ・エリアスがトップ10入り。

フリー走行1で13番手だったランク8位の青山博一は、5.360秒差の15番手だった。

Tags:
MotoGP, 2011, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›