初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:J.ジョナスがレインレースで初優勝

決勝レース:J.ジョナスがレインレースで初優勝

MotoGPアカデミー出身のジョナスが初優勝。ザルコが自己最高位の2位を獲得すれば、ファウベルが軽量級復帰後初の表彰台を獲得。ポイントリーダーのテロールは8位だった。

第6戦イギリスGPの決勝レースは12日、シルバーストンで行われ、ジョナス・フォルガーが優勝を飾った。

気温11度。路面温度11のレインコンディションの中、ウォームアップ走行を制した8番グリッドのジョナス・フォルガーは、オープニングラップでトップに立つと安定したパフォーマンスでレースをリード。通算43戦目、17歳と303日で初優勝を飾った。

初の1列目となる3番グリッドからスタートしたヨハン・ザルコは2位。自己最高位を獲得すれば、7番グリッドのエクトル・ファウベルは、軽量級復帰後初の表彰台となる3位でフィニッシュ。ルイス・サロン、エフレン・バスケス、アドリアン・マルティン、サンドロ・コルテセが続いた。

2番グリッドのニコラス・テロールは8位。連続表彰台記録が途切れ、ヤコブ・コーンフェール、ダニー・ケントがトップ10入り。

ポールポジションのマーベリック・ビニャーレスは、3番手走行中のラップ目に転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、テロールが8ポイントを加算。ランク2位に浮上したフォルガーは、35ポイント差に接近した。

Tags:
125cc, 2011, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›