初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、厳しい週末もランク4位に浮上

V.ロッシ、厳しい週末もランク4位に浮上

ウォームアップ走行の転倒を含め厳しい週末となったが、6位でフィニッシュして、ランク4位に上昇した。

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシは、第6戦イギリスGPの決勝レースで、13番グリッドから6位。ランク4位に浮上した。

厳しい週末になることを覚悟していたが、シーズン6戦目の決勝レースを、左足と右手首に骨折して、予選を途中で切り上げた2006年第8戦TTアッセン(18番グリッド)、デビュー2戦目となった1996年第2戦インドネシアGP(18番グリッド)以来、通算3度目の5列目からスタート。

序盤に青山博一、トニ・エリアスを抜き、中盤にはランディ・ド・プニエをオーバーテイクしてからは、単独走行。ポジションでは、転倒後に完走した第2戦スペインGP(1分02秒227)を上回ったが、トップとのタイム差(1分04秒526)が広がった。

「ドゥカティに移籍したことを後悔していない」と、困難な週末を終え、新たな挑戦に悔いがないことを強調。

「疑いなく、シーズンで一番難しい週末だったけど、ダメージを最小限の抑えることができた。レースへのアプローチを考慮すれば、6位は非常にポジティブなリザルト。」

「ポイントランキングの上位陣に、それほど離されなかったことに役立った。ランク4位は悪くない。ここでの経験不足は分かっていたけど、それ以上に難しく、ベターなセッティングに仕上げられなかった。」

「ニッキーは週末上位に進出していた。グッドなレースをして、最速ラップをマークした。これは、デスモセディチがウェットで戦闘力があることを証明する。僕たちは十分に良い仕事をしなかった。バイクは走らせるのが難しかったから、すごく疲れた。」

「これは僕たちみんなの責任。僕、バイク、クルー。みんなで一緒に1日でも早く改善するように努めよう。ルマンとカタルーニャのレベルに戻そう。そして、そこからワンステップしよう。」

ランク5位から4位に浮上したロッシは、次戦TTアッセン前に、ムジェロで2012年型の開発テストを予定している。

過去最低のスターティンググリッドは、ペナルティを科せられた2004年第13戦カタールGPの23番グリッド。

Tags:
MotoGP, 2011, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, Valentino Rossi, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›