初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スピース、今季3度目の転倒リタイヤ

B.スピース、今季3度目の転倒リタイヤ

バルセロナで表彰台を獲得して、シルバーストンに挑んだが、ヘレス、エストリルに続き、今季3度目の転倒リタイヤを喫した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのベン・スピースは、第6戦イギリスGPの決勝レースで、4番グリッドから転倒。今季3度目の転倒リタイヤにより、ランク9位に後退した。

前戦で今季初表彰台を獲得。来季の延長契約を済ませ、昨年初表彰台を獲得した舞台に乗り込むと、2戦連続3度目の4番グリッドを獲得。

スタートで6番手に後退し、単独走行していたが、8ラップ目の9コーナーで転倒。タイヤバリアーに激突した際に背中を強打したことから、クリニカ・モービルで検査を受けたが、結果はポジティブだった。

「2日間懸命に働き、レースへの準備が整っていた後で、このような終わり方には残念」と、今季3度目のリタイヤを悔やんだ。

「このグランプリは挑戦だった。チームはどんな状況にも対応するバイクを準備しなければいけなかったけど、バイクの準備が出来ていた。今日は完全ウェット。コーナーでブレーキをかけると、フロントが切れ込んでしまい、あのコーナーで転んでしまった。」

「壁に激突して、背中を強く打った。プロテクターは破損したけど、そのおかげで僕は助かった。痛みが酷いけど、元の状態に戻るには数日間が必要だ。最悪のことにならなかったのは本当に良かった。数日間良く休んで回復に努め、アッセンでバトルするために戻って来るつもりだ。」

ランク8位から9位に後退したスピースは次戦、昨年4番グリッドから4位に進出したTTアッセンに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2011, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›