初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、初のファーステストラップをマーク

N.ヘイデン、初のファーステストラップをマーク

2008年第16戦オーストラリアGP以来、通算7度目、ドゥカティに移籍してからは初めてのファーステストラップを記録した。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、第6戦イギリスGPの決勝レースで、7番グリッドから4位。ヘレスの表彰台に続き、ウェットコンディションで再び好成績を収めた。

昨年5番グリッドから4位を獲得した舞台で、4番手スタートを切ると、3番手、7番手。公式予選で今季最高位となる7番グリッドを獲得。

2戦連続の3列目から中盤以降4番手を単独走行。前を走るコーリン・エドワーズを追い上げ、ラスト4ラップ目には、ファーステストラップを記録。

「正直、今日は雨となり、表彰台のチャンスを楽しんだ。もし、レース前に4位でフィニッシュできるかもしれないと言われたら、『ノーサンキュ。それ以上ができる』と答えただろう。しかし、僕の走りにはがっかりしていない」と、今季2度目のウェットレースを振り返った。

「クラッチがジャンプしてしまい、グレートなスタートが切れず、序盤は視界が難しく、タイヤが温まり難かった。1コーナーの出口で転びそうになったけど、なんとか状況をコントロールすることができた。」

「表彰台のポジションを走るコーリンが見え、プッシュした。ドゥカティで初めてファーステストラップをマークしたと思う。これは良いことだけど、ポイントに加算されることはない。」

「コーリンには頭が下がる。鎖骨を骨折してから僅か1週間後のレースだけど、僕に勝ったことが気に入らない。チームに感謝したい。僕たちにとって簡単な週末ではなかったけど、トライを続けるつもりだ。」

ランク5位に1ポイント差、ランク4位に8ポイント差と接近したヘイデンは次戦、昨年5番グリッドから7位、2006年に優勝したTTアッセンに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2011, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›