Tickets purchase
VideoPass purchase

2012年MotoGPクラスエントリーについて

2012年MotoGPクラスエントリーについて

IRTAは、現在最高峰クラスに参戦する10チームに加え、Moto2クラスに参戦する6チームに対して、参戦契約を提供する。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は15日、2012年のMotoGPクラスの参戦に関して、IRTA国際レーシングチーム連盟との契約を提供するチームを選出。現在Moto2クラスに参戦する6チームを発表した。

IRTAは、2011年シーズンのMotoGPクラスに参戦する全チーム対して、2012年の参戦に関する契約書を提供。

さらに、最高峰クラスへの新規参戦を希望したチームのアプリケーションには、参戦可能枠を越える申請があり、選出段階を経て、IRTAとの間で追加契約を提供するチームを決定。選出された全チームは、現在のチャンピオンシップで他のクラスに参戦している。

バイ・ケオロセノ・レーシング
フォワード・レーシング
キーファー・レーシング
マーク・VDS・レーシング
パドックGP・レーシング
スピード・マスター

それぞれのケースで提供される追加契約は、ライダー1人のみの参戦であり、最終的な計画書の提出が要求される。

MotoGPクラスの参戦を希望する新たなマニュファクチャーの申請に関しては、評価を継続。詳しい情報は、それぞれの申請を承認した際に発表する。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›