初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEV・Moto2:小山知良が3位表彰台を獲得

CEV・Moto2:小山知良が3位表彰台を獲得

シルバーストンの参戦で自信を得たトーレスが独走優勝。レギュラーライダーに昇格したモラーレスは、序盤の出遅れが影響すれば、3戦目の小山が経験不足を克服する快走で、初めて表彰台を獲得。ランク3位に浮上した。

CEVスペイン選手権の3戦目は週末、カタルーニャ・サーキットで行われ、ジョルディ・トーレスが優勝。小山知良が3位表彰台を獲得した。

フリアン・シモンの負傷代役として、第6戦イギリスGPに参戦したトーレスは、3戦連続の2番グリッドを獲得すると、2ラップ目から3ラップ連続して最速ラップを連発。一気にライバルたちを引き離して、開幕戦以来の2勝目を達成した。

3戦連続のポールポジションを奪取したカルメロ・モラーレスは、序盤8番手まで後退したが、ステップ・バイ・ステップでポジションを巻き返して、2位に進出。

3戦連続の5番グリッドからスタートした小山は、3ラップ目に3番手、5ラップ目に2番手に浮上。6ラップ目にモラーレスに抜かれてが、安定した走りを披露。2007年6月の第7戦カタルーニャGP125ccクラスで優勝した舞台で、初の表彰台を獲得した。

ルーキーズカップ出身のマシュー・スコルツとMotoGPアカデミー出身のイサック・ビニャーレスは、6位と7位。

2人のチームメイトで、第12戦インディアナポリスGPにワイルドカード参戦を予定しているヤコブ・ガーニャは、スタート直前のウォームアップラップでマシンが止まり、リタイヤ。

モリワキ製のプロトタイプを走らせるイバン・モレーノは、6番グリッドから2番手走行中の5ラップ目に転倒。レースに復帰して、26位でフィニッシュした。

チャンピオンシップは、トーレスがモラーレスに15ポイント差のアドバンテージを広げれば、小山が28ポイント差のランク3位に浮上した。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›