初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEV:リンス&トーレスが地元でV

CEV:リンス&トーレスが地元でV

カタルーニャ・カイシャ・レプソルのリンスとマルケスが、将来の活躍を約束するような圧倒的な速さを見せれば、シルバーストンの参戦で自信を得たトーレスが王者モラーレスを破り、小山が初の表彰台を獲得した。

CEVスペイン選手権の3戦目は週末、カタルーニャ・サーキットで行われ、125GPはアレックス・リンス、Moto2はジョルディ・トーレスが優勝を飾った。

125GPは、リンスが当地で開催されたグランプリで予選12番手に進出する1分53秒045を記録。開幕から3戦連続してポールポジションを獲得すると、前戦勝者のアレックス・マルケスとのバトルを展開。

ライバルたちに16秒以上のアドバンテージを広げて迎えた最終ラップに、マルケスが転倒。リンスが昨年マーベリック・ビニャーレスとミゲール・オリベイラを破った地元レースで2年連続、2戦ぶりの優勝を果たした。

第8戦イタリアGPへのワイルドカードが決まっているチェコ人ライダー、ミロスラフ・ポポフは6番グリッドから2位。

3戦目に挑んだ森俊也は、開幕戦の19番グリッド、2戦目の21番グリッドから大きく前進する13番グリッドからスタートすると、オープニングラップで6番手に浮上。終盤11番手を走行していたが、トップから35.262秒差の6位でチェッカーを受けた。

チャンピオンシップは、リンスがマルケスに25ポイント差のアドバンテージを広げ、初ポイントを獲得した森がランク15位に浮上した。

Moto2クラスは、トーレスが3戦連続の2番グリッドから序盤に最速ラップを連発。一気にライバルたちを引き離して、開幕戦以来の2勝目を達成。

3戦連続のポールポジションを奪取したカルメロ・モラーレスは、2位。3戦連続の表彰台を獲得した。

3戦目の挑戦となった小山知良は、3戦連続の5番グリッドから3位でフィニッシュ。初表彰台を獲得した。

チャンピオンシップは、トーレスがモラーレスに15ポイント差のアドバンテージを広げれば、小山が28ポイント差のランク3位に浮上した。

ストックエクストリュームは、2番グリッドのサンティアゴ・バラガンが今季3勝目。カワサキ・ニンジャ・カップは、ポールポジションのアドリア・アルウジョが初優勝を飾った。

シーズン第4戦は、7月10日にアルバセテで開催される。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›