初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「GP11.1は最後のオプションではない」

V.ロッシ:「GP11.1は最後のオプションではない」

伝説を築いた来週末のムジェロを視野に入れ、勝率5割のTTアッセンに、リスクを覚悟の上で、開発中の2012年型シャーシを投入することを決断。投入の理由を説明した。

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシは、第7戦TTアッセンの開幕を前日に控え、TT・サーキット・アッセンのパドック内に設置されたチームのホスピタリティで、メディアのリクエストに応じて会見を行い、投入を予定されているGP11.1に関して説明した。

昨年は負傷により、欠場を強いられたが、14回の挑戦で7勝を含む10度の表彰台を獲得。「アッセンに戻ることはいつもナイス。それに昨年は走ることができなかったから、なおさらだ。」

「新しいコーナーをチェックしないと。理想的な走行ラインを確認する時間があまりない。理論的には、豊富な経験があるから、トラックを思い出さないと。」

「それに、新しいバイクがある。どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみ。このシャーシに、このエンジンを積んで、試したことがないから、確かな疑問符がある。」

ドゥカティとロッシは、ホームレースとなる第8戦イタリアGPを視野に入れ、開発中の2012年型プロトタイプマシンに、800ccエンジンを搭載することを決断。

「GP12はシェイクダウンからすごく良かった。ヘレスで1回、ムジェロで2回、合計3回のテストを実施した。他のメーカーの参考データがあまりないから、本当のレベルを確認しなければいけない。ホンダは最初から速いことは分かっているけど、僕たちは仕事を続ける。フィーリングに関しては、最初から良い感じがあり、その後の小さな調整ですごく良くなった。ストーナーが僕たちよりも速かったと聞いたけど、この情報が本当なのか確認しないと。」

「エンジニアたちは、1000ccは800ccよりも速くないと言う。僕は違いがあると思う。GP12は速い。僕の意見だけど、800ccよりも速い。」

「シーズン序盤、僕たちは困難だった。リザルトは良くなかった。特にバイクのリアに新しいことを投入するように、フィリッポ(・プレジオーシ)に大きなプレッシャーをかけた。ムジェロを視野に入れ、僕たちにはアイデアがあった。僕たちは新しいバイクがあるから、800ccエンジンを試すことができないかと。ムジェロのテスト後、このオプションを提案され、意見を求められた。リスクをあると答えたけど、直ぐに同意した。」

「GP11は他人が仕上げたバイクだけど、GP12は僕のバイクだと感じているから、その提案に同意した。戦闘力があると思う。それに、来年に向けての仕事が進む。」

「個人的には最後のオプションとは思えない。全てを賭けているとも思えない。開発の時間を短縮した。テストで速いことを確認した。800ccエンジンでどのようなパフォーマンスを見せてくれるか疑問がある。ホンダ勢とバトルする能力があるか分からないけど、前進したことは確かだ。」

GP11.1の投入理由を説明したロッシは、厳しい週末だったシルバーストンからの巻き返しを図る。

Tags:
MotoGP, 2011, IVECO TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›