初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:M.マルケスがトップ浮上

ウォームアップ走行:M.マルケスがトップ浮上

2番グリッドのマルケスがセッションをリード、スミス、エスパルガロ兄、レディング、エスパルガロ弟が続き、ポールポジションのブラドルは16番手。高橋は18番手だった。

第7戦TTアッセンのウォームアップ走行は25日、TT・サーキット・アッセンで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温15度、路面温度17度のドライコンディションの中、2番グリッドのマルケスは、1分39秒823の1番時計を記録。

10番グリッドのブラドリー・スミスは、ノーストップで12ラップを走り、0.121秒差の2番手に浮上。アレックス・エスパルガロ、スコット・レディング、ポル・エスパルガロ、ランディ・クルメンナッハ、チャビエル・シメオン、ケナン・ソフォーグル、ミケーレ・ピロ、マイク・ディ・メッリオがトップ10入り。

ポールポジションのステファンン・ブラドルは、0.990秒差の16番手。

5番グリッドの高橋裕紀は、1.210秒差の18番手。

今季初めて1列目に進出したシモーネ・コルシは、23番手。昨年の勝者アンドレア・イアンノーネは、30番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, IVECO TT ASSEN, WUP

Other updates you may be interested in ›