初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:V.ロッシが今季初の1番時計

ウォームアップ走行:V.ロッシが今季初の1番時計

中途半端な路面コンディションとなった中、11番グリッドのロッシは、ドゥカティに移籍後初めてトップタイムをマーク。ロレンソ、スピース、ヘイデン、ドビツィオーソが続き、青山と秋吉は6番手と10番手だった。

第7戦TTアッセンのウォームアップ走行は25日、TT・サーキット・アッセンで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度17度。開始早々に雨が降り、中途半端な路面コンディションとなった中、11番グリッドのロッシが1分41秒362の1番時計を記録。今季初めてセッションを制した。

4番グリッドのホルヘ・ロレンソは、4.260秒差の2番手。2番グリッドのベン・スピースは、8.313秒差の3番手。ニッキー・ヘイデン、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

12番グリッドの青山博一は、最多の8ラップを周回して、8.959秒差の6番手。トニ・エリアス、エクトル・バルベラ、アルバロ・バウティスタ、秋吉耕祐がトップ10入り。

ポールポジションのマルコ・シモンセリと3番グリッドのケーシー・ストーナーは、13番手と14番手。

ロリス・カピロッシは、公式予選の転倒で右肩を脱臼。肋骨も負傷したことから、欠場することとなった。

Tags:
MotoGP, 2011, IVECO TT ASSEN, WUP

Other updates you may be interested in ›