初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:M.ビニャーレスが初のポール・トゥ・ウイン

決勝レース:M.ビニャーレスが初のポール・トゥ・ウイン

史上最年少の2戦連続ポールポジションからビニャーレスが優勝。2勝目を飾れば、サロン、ガデアが続き、スペイン勢がルマン以来となる今季2度目の表彰台独占を達成。コルテセは4位。ザルコは5位。フォルガーは8位だった。

第7戦TTアッセンの決勝レースは25日、TT・サーキット・アッセンで行われ、マーベリック・ビニャーレスが初のポール・トゥ・フィニッシュを達成した。

気温15度、路面温度17度のドライコンディションの中、史上最年少の2戦連続ポールポジションからスタートしたマーベリック・ビニャーレスが、10ラップ目にトップを挽回。15ラップ目、雨により赤旗が提示され、14ラップ目のポジションで最終順位が決定。第4戦フランスGP以来となる2勝目を挙げた。

自己最高の5番グリッドからスタートしたルイス・サロンは、キャリアベストとなる2位を獲得。2年前の勝者セルジオ・ガデアは、開幕戦カタールGP以来となる3位表彰台した。

3番グリッドのサンドロ・コルテセは4位。ウォームアップ走行を制したヨハン・ザルコは5位。ダニー・ケント、エフレン・バスケス、ジョナス・フォルガー、マンセル・シュレッター、エクトル・ファウベルがトップ10入り。

チャンピオンシップは、35ポイントのアドバンテージを持っていたポイントリーダーのニコラス・テロールが欠場したことから、ランク2位のフォルガーが27ポイント差、ランク3位のコルテセとランク4位のザルコが、34ポイント差に接近した。

Tags:
125cc, 2011, IVECO TT ASSEN, RAC

Other updates you may be interested in ›