初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・チーム、ホームレースに挑戦

ドゥカティ・チーム、ホームレースに挑戦

今年ドゥカティに加入したロッシは、昨年の負傷を克服して、ホームレースを迎えるが、ムジェロの伝説となる7連覇を達成したパートナー、バージェスを欠くことになった。

ドゥカティ・チームは、明日1日からホームレースとなる第8戦イタリアGPに挑戦。ジェリミー・バージェスが個人的な理由により欠席となるが、プラマック・レーシングのファビアーノ・ステルラッチーニがサポート役として起用される。

バレンティーノ・ロッシ体制で、チーフクルーを担当するバージェスは、夫人の病気のため、急きょオーストラリアに帰国。チームのテクニカルマネージャー、マックス・バルトリーニが代役に指名された。

バルトリーニの代役には、サテライトチーム、プラマック・レーシングでテクニカルマネージャー兼ロリス・カピロッシ体制のトラックエンジニアを担当するステルラッチーニが務めることが決まった。

ドゥカティのファクトリーライダーとして、初めてムジェロに初挑戦するロッシは、「ジェリミーの幸運を祈りたい。とても大切な個人的な理由で、今週末は僕たちと一緒にいることができず、とても寂しいけど、ザクセンリンクで会えることを願っている」と、最高峰クラスに進出した2000年からパートナーを組む相方にメッセージを送った。

「ムジェロで良い仕事をしなければいけない。テストでGP12を走らせたけど、僕たちのバイクは800cc。違ったレスポンスをする。セッティングの正しい方向性を早く見つけることが重要。予選でグッドなポジションに位置することも大切だ。」

「僕の好きなトラック。いつも上手く走れてきた。昨年のアクシデントの後で、ここに戻って来ることは問題ではない。ここでのテストは、いつものように楽しむことが出来た。沢山のファンに来てもらいたい。ここまでのベストレースがしたい。大変重要なレースだ。」

ドゥカティのファクトリーライダーとして3度目の挑戦となるニッキー・ヘイデンは、「もしかしたら、僕たちにとって最上の時期ではないかもしれないけど、ムジェロはチームにとって特別。沢山のファンが来る。特に今年はイタリア人ライダーがいるから、応援してくれる。」

「大好きなトラックだけど、グレートなリザルトを獲得したことがないから、簡単な週末になるとは考えない。金曜から正しい方向に向かって進まないといけない。大きな期待感があり、プレッシャーがあるけど、早く始めたい」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Nicky Hayden, Valentino Rossi, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›