初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アエロプエルト・デ・カステヨン、ライダー変更

アエロプエルト・デ・カステヨン、ライダー変更

ラファエレ・デ・ロサ(0ポイント)、ハビエル・フォーレス(0ポイント)に続き、ランク24位のコフランも成績不振が原因で解雇。ムジェロでは、地元出身のイタリア人ライダーを起用する。

アエロプエルト・デ・カステヨンは30日、ケブ・コフランを解雇。第8戦イタリアGPにトッマソ・ロレンゼティを起用することを発表した。

MotoGPアカデミー出身のコフランは、スペイン選手権125ccクラスとスーパースポーツクラスで経験と実績を積み、Moto2クラスのパフォーマンスが認められ、今季からアレックス・デボンが率いるチームから初参戦。

ヘレスで開催された第2戦スペインGPで8位に進出すると、第6戦イギリスGPでは13位に入り、今季2度目のポイントを獲得。ランク24位に位置していたが、成績不振により、解雇となった。

スパニッシュチームは、イタリア選手権Moto2クラスに、ダンロップを装着したRSVを走らせる26歳のロレンゼティを指名。4戦中序盤の2戦に参戦して、5位と6位。ランク9位につけている。

 

*ラファエレ・デ・ロサは、第6戦イギリスGPで代役を務めたストップ・アンド・ゴーからワイルドカード参戦が決定。FTRを走らせる。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Aeroport de Castello

Other updates you may be interested in ›