初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:N.テロールが2番手に1秒差の1番時計

フリー走行3:N.テロールが2番手に1秒差の1番時計

フリー走行1を制したテロールが、ザルコ、バスケスに1秒差のアドバンテージを広げ、再びポイントリーダーの貫録を見せた。フリー走行2を制したセルジオ・ガデアは5番手。ランク2位のフォルガーは2秒差の6番手だった。

第8戦イタリアGPのフリー走行3は2日、ムジェロ・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度29度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したニコラス・テロールが1分58秒台を2連発。1分58秒274の1番時計を記録した。

初日総合2番手のヨハン・ザルコは、1.009秒差の2番手。初日総合3番手のエフレン・バスケスは、1.689秒差の3番手。初日総合4番手のサンドロ・コルテセも2分00秒を突破して、4番手を維持。

フリー走行2を制したセルジオ・ガデアは、総合11番手から5番手に浮上。初日総合7番手のジョナス・フォルガー、エクトル・ファウベル、マーベリック・ビニャーレス、アルベルト・モンカヨ、ルイス・サロンがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, FP3

Other updates you may be interested in ›