Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:S.ブラドルが地元勢を抑える1番時計

ウォームアップ走行:S.ブラドルが地元勢を抑える1番時計

ポールポジションを逃したブラドルが、レース前にセッションを制すと、デ・アンジェリス、コルシ、ピロの地元イタリア勢が上位に進出。ポールポジションのマルケスが5番手。15番グリッドの高橋は転倒を喫したが、11番手まで挽回した。

第8戦イタリアGPの公式予選は2日、ムジェロ・サーキットで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度27度のドライコンディションの中、5番グリッドのブラドルは、1分53秒台を最多の2回記録。1分53秒413を刻み、週末2度目の1番時計だった。

2番グリッドのアレックス・デ・アンジェリスは、0.217秒差。2番手を維持すれば、23番グリッドのシモーネ・コルシ、ミケーレ・ピロの地元イタリア勢が続いた。

ポールポジションのマルク・マルケスは、0.272秒差の5番手。ヨニー・エルナンデェス、ケナン・ソフォーグル、アレックス・エスパルガロ、ジュール・クルーセル、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

15番グリッドの高橋裕紀は、転倒を喫したが、0.666秒差の11番手まで巻き返し、14番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、1.527秒差の25番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, WUP

Other updates you may be interested in ›