初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フェラーリ会長はストーナー&シモンセリを起用

イタリアの一般紙、Corriere della Sera(コリエレ・デラ・セラ)は、第8戦イタリアGPの開催中にムジェロ・サーキットを訪問したフェラーリの会長ルカ・ディ・モンテゼーモロが、フェラーリとドゥカティの現状を発言した内容を掲載。

「我々のスタートは大変悪かったです。私はドライバーたちに対しては満足していますが、マシンを改善しなければいけません。ドゥカティもリカバーできることを期待します。」

もし、MotoGPライダーを契約するならば誰か、という質問に対して、「1人はストーナー。誠実で、精神面が強く、いつも気に入っていました。」

「もう1人はシモンセリ。ヴィルヌーブの最初の時期を連想させます。レースで一番重要なのは速いこと。もし、問題があれば、解決することができます」と、明白に答えた。

 

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›