初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権の4戦目がアルバセテで開催

スペイン選手権の4戦目がアルバセテで開催

Moto2クラス僅か3戦目で初表彰台を獲得した小山と初ポイントを奪取した森が、世界耐久選手権の舞台であるアルバセテに初挑戦する。

CEVスペイン選手権の4戦目は、今週末アルバセテ・サーキットで開催。125GP、Moto2、ストックエクストリュームの3クラスが行われる。

125GPは、15人の外国人ライダーを含む26人がエントリー。チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルのジュニアチーム、ポイントリーダーのアレックス・リンスとランク2位のアレックス・マルケスが中心。

開幕戦で転倒リタイヤを喫した森俊也は、2戦目で19位完走、3戦目で6位に進出。未知のトラックで2戦連続のシングルフィニッシュを目指す。

Moto2クラスは、13人の外国人ライダーを含む41人がエントリー。グランプリのレギュラーライダーに昇格したポイントリーダーのジョルディ・トーレスとランク2位のカルメロ・モラーレスが中心。

トーレスと入れ替わるように、グランプリから転向してきたのは、現ストックエクストリューム王者のハビエル・フォーレス。世界舞台への復帰に向けて、再出発する。

デビュー戦で4位に進出した小山知良は、2戦目4位、3戦目に3位表彰台を獲得。初のアルバセテで4戦連続の上位進出を狙う。

ストックエクストリュームには35人がエントリー。カワサキ・ニンジャ・カップは、開催の予定がない。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM

Other updates you may be interested in ›