初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

故・富沢祥也のトリビュートイベントがフランスで開催

故・富沢祥也のトリビュートイベントがフランスで開催

2010年9月5日のアクシデントから1年後、故・富沢が開幕戦カタールGPの歴史的な初勝利に向けて、初めてMoto2マシンをシェイクダウンさせた南フランスのサーキットで、偲ぶ会が行われる。

テクノマグ‐CIPは、9月13日にフランスのアレス・サーキットで、故・富沢祥也を偲ぶイベントを開催する。

チームのホームサーキットであるアレス・サーキットは、多くのフランス人ライダーたちがトレーニングとして利用するだけでなく、富沢自身も何度か訪れたことがあり、初めてMoto2マシンをシェイクダウンさせたコース。

今回のイベントでは、『シューヤ・ウォール・トリビュート』として、世界中のファンから寄せられた手紙や写真、絵、詩、メッセージを披露。現在も下記の住所に受け付けている。

さらに、富沢の関連グッズが8月28日から9月6日までイーベイでオークションされるほか、Moto2クラスと125ccクラスのライダーたちから提供されるサイン入りグッズをプレゼントする抽選会をイベント中に行う。

CIP / Shoya’s wall
Pole Mécanique d’Alès, Vallon de Fontanes
30520 St Martin de Valgalgues, Francia

Tags:
MotoGP, 2011, Technomag-CIP

Other updates you may be interested in ›