初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ&ヘイデン、得意のザクセンリンクに挑戦

ロッシ&ヘイデン、得意のザクセンリンクに挑戦

ザクセンリンクで最多5勝を記録するロッシと自己最多となる4度の表彰台を獲得したヘイデンが、上位進出に挑戦する。

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシは、ザクセンリンクで最多優勝を誇る第9戦ドイツGPに挑戦。ニッキー・ヘイデンは、過去に4度の表彰台を獲得した得意の左回りトラックに挑む。

第7戦TTアッセンからGP11.1を投入したロッシは、天候に恵まれず、期待通りにセッティングが進まない状況だったが、前戦イタリアGPの決勝レースで方向性が見えてきた。

「ムジェロでは、これまでとは異なった方向性でセッティングの仕事を始めたけど、ウォームアップ走行では雨が降ってしまい、あまり試す時間がなかった。レースでは、バイクがセッションよりも良かったけど、この方向性で仕事を続け、ザクセンリンクでもグッドなベースとなるか確認しなければいけない。」

「昨年、ここでケガから復帰して、グッドなレースをした。天候と気温が良いことを願う。セッティングの仕事を可能な限りに進めるためには必要なことだ」と、ムジェロとはコースキャラクターが異なるザクセンリンクで、方向性を確認することを説明した。

前戦ではオープニングラップで9番グリッドから6番手に浮上したヘイデンだったが、2ラップ目にコースアウト。最下位に後退したが、7位争いに匹敵するリズムで10位まで巻き返した。

今週末は、自己最多となる4度の表彰台を獲得した舞台、通算27度で16度の表彰台を獲得した左回りトラックに挑む。

「少しストレンジなトラック。ショートでタイトだけど大好き。ラグナセカと同様に、ラップタイムが短く、レースが長い。それに、常に左側に傾いている。ほとんどのコーナーが同じ方向。それも大好き。チャンピオンシップで最もエキサイティングなトラックの1つだ。」

Tags:
MotoGP, 2011, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Nicky Hayden, Valentino Rossi, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›