初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリが今季4度目の1番時計発進

M.シモンセリが今季4度目の1番時計発進

エストリル、アッセン、ムジェロに続き、シーズン4度目となる初日1番時計を記録。最速リズムを掴んだオフィシャルテストの勢いをそのまま持ち込んだ。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのマルコ・シモンセリは、第9戦ドイツGPの初日に2度連続してトップタイムをマークした。

オフィシャルテストで最速リズムを刻んで、250ccクラス時代に優勝経験がある得意のトラックに挑戦すると、フリー走行1で1番時計。フリー走行2では、1分22秒台を最多の11回記録した。

「リアタイヤの左側のトラクションに問題があるから、完全には満足できないけど、全てが上手く行っている。問題を解決するために仕事をしているけど、これはほぼ全員の問題だろう。」

「僕たちは一番の目標は、レースに向けてタイヤチョイスを明白にすること。30ラップは長い。リラックスするストレートは1つしかない。」

Tags:
MotoGP, 2011, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Hiroshi Aoyama, Marco Simoncelli, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›