初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:M.シモンセリが3戦連続して初日制す

フリー走行2:M.シモンセリが3戦連続して初日制す

フリー走行1を制したシモンセリが、エストリル、アッセン、ムジェロに続き、シーズン4度目の初日1番時計を記録。2番手のロレンソも1分22秒台を最多の11回を記録すれば、レプソル・ホンダのペドロサ、ストーナー、ドビツィオーソが続き、ロッシは12番手。青山は15番手だった。

第9戦ドイツGPのフリー走行2は15日、ザクセンリンク・サーキットで行われ、マルコ・シモンセリがトップタイムをマークした。

気温22度。路面温度36度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したシモンセリは、1分22秒台を最多の11回記録。1分22秒225の1番時計で初日を制した。

フリー走行1で3番手のホルヘ・ロレンソも1分22秒台を最多の11回記録。0.095秒差の2番手に進出すれば、11番手のダニ・ペドロサは、1分22秒台を3回記録。0.207秒差の3番手に浮上した。

フリー走行1で2番手だったケーシー・ストーナーと5番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分22秒台を7回と3回を記録。ホンダ勢がトップ5に4人が進出した。

ドゥカティ勢の最高位は、6番手のニッキー・ヘイデン。ベン・スピース、ランディ・ド・プニエ、アルバロ・バウティスタ、カレル・アブラハムがトップ10入り。

フリー走行1で転倒を喫したバレンティーノ・ロッシは、セッション中に2号車がストップするアクシデントに見舞われ、1.308秒差の12番手。

フリー走行1で15番手だった青山博一は、1分23秒台を1回記録し、1.681秒差の15番手。

フリー走行1で負傷から復帰したロリス・カピロッシだったが、体調不良により、参戦を断念。リザーブライダーとして招集したシルバン・ギュントーリが代役として起用された。

Tags:
MotoGP, 2011, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP2

Other updates you may be interested in ›