初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:N.テロールが初日連続のトップタイム

フリー走行2:N.テロールが初日連続のトップタイム

ポイントリーダーのテロールは、1日目に2度目の1番時計を刻めば、ファウベル、ビニャーレス、ガデアが続き、スペイン勢が上位を独占。地元勢では、コルテセが5番手。シュレッターとフォルガーが6番手と8番手に入った。

第9戦ドイツGPのフリー走行2は15日、ザクセンリンク・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度31度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したポイントリーダーのテロールは、1分28秒台を3回記録。1分28秒483の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で3番手だったエクトル・ファウベルは、1分28秒台を最多の6回記録。0.007秒差の2番手に位置すれば、3年前にドイツ選手権に参戦して、当地での走行経験があるマーベリック・ビニャーレスは、6番手から3番手に浮上。セルジオ・ガデアが続いた。

スペイン勢が上位を独占した中、地元勢のサンドロ・コルテセは、0.591秒差の5番手。マンセル・シュレッターは6番手。ジョナス・フォルガーは、ルイス・サロンに次ぐ8番手。

フリー走行1で2番手だったエフレン・バスケスは、タイムを更新できず、ダニー・ウェッブに次ぐ10番手。

フリー走行1で5番手だったヨハン・ザルコは、11番手に後退した。

スペイン勢、ドイツ勢が上位に進出した中、イタリア勢の最高位は、シモーネ・グロティスキは12番手だった。

Tags:
125cc, 2011, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP2

Other updates you may be interested in ›