初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:N.テロールが3連続の1番時計

フリー走行3:N.テロールが3連続の1番時計

初日総合トップのテロールが3連続、シーズン26度目の1番時計を記録。ガデア、ファウベル、ビニャーレスが続き、スペイン勢が3セッション連続してトップ4を独占。ザルコは5番手。コルテセとフォルガーは7番手と8番手だった。

第9戦ドイツGPのフリー走行3は16日、ザクセンリンク・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温19度。路面温度25度のドライコンディションの中、初日2度のセッションを制したテロールは、1分28秒台を最多の10回記録。1分28秒049の1番時計を刻んだ。

初日総合4番手のセルジオ・ガデアは、1分28秒台を6回記録。0.069秒差の2番手に進出すると、初日総合2番手のエクトル・ファウベルは、1分28秒台を8回記録。0.166秒差の3番手だった。

2008年に当地で開催されたドイツ選手権にスポット参戦した経験がある初日総合3番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分28秒台を6回記録。0.274秒差の4番手に入り、スペイン勢がフリー走行1から連続してトップ4を独占した。

21歳の誕生日を迎えたヨハン・ザルコは、0.290秒差の5番手。エフレン・バスケスが続いた。

初日総合5番手のサンドロ・コルテセは、ドイツ勢最高位となる7番手。ジョナス・フォルガー、アルベルト・モンカヨ、ルイス・サロンがトップ10入り。

フリー走行2の転倒で右手小指を負傷したアドリアン・マルティは、マンセル・シュレッターに次ぐ12番手だった。

Tags:
125cc, 2011, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP3

Other updates you may be interested in ›