Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:M.マルケスが週末2度目の1番時計

ポールポジションのマルケスが週末2度目の1番時計。ブラドル、デ・アンジェリス、スミス、シモンが1分25秒台のリズムを刻めば、13番グリッドの高橋は単独走行で周回を刻み、7番手に浮上した。

第9戦ドイツGPのウォームアップ走行は17日、ザクセンリンク・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温22度。路面温度28度のドライコンディションの中、ポールポジションのマルケスは、1分25秒台を最多の5回記録。1分25秒153の1番時計を刻んだ。

2番グリッドのステファン・ブラドルは、1分25秒台を4回記録。0.392秒差の2番手を維持すれば、6番グリッドのアレックス・デ・アンジェリスは、1分25秒台を4回記録。3番グリッドのアレックス・エスパルガロ、9番グリッドのブラドリー・スミス、5番グリッドのフリアン・シモンが続いた。

13番グリッドの高橋裕紀は、1分25秒台を2回記録。0.595秒差の7番手に浮上すれば、シモーネ・コルシ、トーマス・ルティ、アンドレア・イアンノーネがトップ10入り。

4番グリッドのミケーレ・ピロは19番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, WUP

Other updates you may be interested in ›