初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.ボストロムがワイルドカード参戦

B.ボストロムがワイルドカード参戦

昨年負傷代役としてロジャー・リー・ヘイデンを召集したLCR・ホンダは、マイケル・ジョーダン・モータースポーツからスズキGSX‐R1000を走らせ、全米スーパーバイク選手権に参戦するボストロムを起用する。

LCR・ホンダは19日、今週末の第10戦アメリカGPにベン・ボストロムをワイルドカードで起用することを発表。トニ・エリアスとの2人体制で参戦する。

今回の地元出身アメリカ人ライダーの招待は、LCR・ホンダとボストロムが所属するマイケル・ジョーダン・モータースポーツの良好な関係により、実現となり、昨年はランディ・ド・プニエの左脚骨折により、ロジャー・リー・ヘイデンを召集していた。

「信じられない機会を得て、この感動をどう説明していいのか言葉が見つからない。この機会を許可してくれたマイケル・ジョーダン・モータースポーツとスズキ・アメリカに感謝したい。MotoGPマシンを走らせ、上位陣に可能な限り接近したい」と、ボストロムは抱負を語った。

チームマネージャーのルーチョ・チェッキネロは、「アメリカGPは世界で最もスペクタクロなサーキットの1つで開催されます。アメリカ人ファンの関心は毎年高まり、彼らの情熱がそれを証明します。我々のパートナーたちはアメリカ市場に進出していることを考えれば、サマーブレーク前にスペシャルなイベントをオーガナイズしなければいけません」と、起用の理由を説明。

「LCR・ホンダとマイケル・ジョーダン・モータースポーツの関係は大変素晴らしいことから、ラグナセカで最も成功を収めたライダーの1人を招待することを決めました。」

「彼はこの1戦に限り、ワイルドカードとして、我々のRC212Vの1台を走らせますが、マイケル・ジョーダン・モータースポーツから全米選手権にも参戦します。」

Tags:
MotoGP, 2011, RED BULL U.S. GRAND PRIX, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›