初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、GP11&GP11.1を準備

ドゥカティ、GP11&GP11.1を準備

厳しい状況に追い込まれたロッシは、金曜に比較テストを実施することを決断。ホームレースとなるヘイデンは、予定通りにGP11.1の使用が可能な状況となり、木曜に投入の決断を下す。

ドゥカティ・チームは、今週末の第10戦アメリカGPに向けて、デスモセディチGP11とGP11.1を準備。バレンティーノ・ロッシは初日に2台を比較。ニッキー・ヘイデンは前日に投入を検討する。

前戦で今季最低の16番グリッドに低迷した後、エンジンローテーションを考慮して、GP11の再投入を検討すると説明したロッシは、2008年の優勝を含めて4度の表彰台を獲得したラグナセカで、2台のマシンを乗り比べる。

「金曜にたくさんのことを学習したいから、短期と将来の仕事をするために、2タイプのデスモセディチを試す」と、実戦で比較テストを実施する理由を説明。

「同時にレースに向けて準備を整えなければいけないから、困難な状況になることを覚悟しているけど、バイクを改善する目的において、可能なことにトライすることが大切だ。」

「僕にとって、ラグナセカは良い思い出がある。2008年は僕のキャリアにおいて、ベストレースの1つだった。もちろん、ジェリミー(・バージェス)が戻って来ることはすごく嬉しい。みんなと一緒にガレージで彼を迎えたい。」

ドゥカティは、2005年にグランプリに復帰してから、ラグナセカで最多の2勝を誇るヘイデンに対して、予定通りにGP11.1を準備。グランプリ前日のミーティングで、投入の決断を下す。

「ラグナセカが楽しみだ。このトラックを愛している。1コーナーとコークスクリューは非常にテクニカル。MotoGPマシンではストレートは存在せず、コンスタントにギアチェンジとターニング、ブレーキングの連続。自信を持ち、アグレッシブになることが大切だ。」

「僕たちにとって最高の瞬間ではないけど、全力を尽くす。兄弟たちが全米選手権に参戦するだけでなく、ドゥカティツーシターを走らせることはナイスだ。」

「木曜にGP11.1をテストするか決断する。グッドなリザルトを獲得するために、何ができるか見てみよう。」

Tags:
MotoGP, 2011, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Nicky Hayden, Valentino Rossi, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›