初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:C.ストーナーがトップ再浮上

フリー走行3:C.ストーナーがトップ再浮上

初日総合3番手のストーナーが今季5度目となるフリー走行総合1番時計を記録。ペドロサが0.01秒差の2番手、ハイサイドを喫したロレンソは0.04秒差の3番手。11番手のロッシが8番手。17番手の青山は14番手に浮上した。

第10戦アメリカGPのフリー走行3は23日、マツダ・レースウェイ・ラグナセカで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度21度のドライコンディションの中、初日総合3番手のストーナーは、1分21秒台を3回記録。6ラップ目に1分21秒805の1番時計を刻み、第6戦イギリスGP以来、今季5度目のフリー走行を制した。

初日総合2番手のダニ・ペドロサは、1分21秒台を6回記録。0.017秒差の2番手を維持した。

初日総合トップのホルヘ・ロレンソは、1分21秒台を最多の10回記録。0.049秒差の3番手だったが、タイムアップ直後に5コーナーでハイサイドから転倒。脚と腰を強打した。

初日総合6番手のマルコ・シモンセリは、1分22秒台を最多の12回記録。0.416秒差の4番手に浮上すると、初日総合5番手のベン・スピースは、1分22秒台を10回記録。0.519秒差の5番手を維持した。

初日総合4番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分22秒台を7回記録。0.550秒差の6番手に後退。

初日総合10番手のニッキー・ヘイデンは、1分22秒台を5回記録。0.626秒差の7番手に進出すると、初日総合11番手のバレンティーノ・ロッシは、1分23秒台を突破して、0.841秒差の8番手に浮上した。

初日総合7番手のアルバロ・バウティスタは、1分22秒台を5回記録。1.034秒差の9番手に後退し、エクトル・バルベラがトップ10入り。

初日総合17番手の青山博一は、1分23秒台を5回記録。フリー走行1から1.812秒、フリー走行2から1.077秒更新して、1.707秒差の14番手に浮上した。

Tags:
MotoGP, 2011, RED BULL U.S. GRAND PRIX, FP3

Other updates you may be interested in ›