初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ヴィライロー、メディカルチェックOK

R.ヴィライロー、メディカルチェックOK

昨年12月のアクシデントの後遺症により、パフォーマンスが低下していたが、精密検査の結果、完治を確認。後半戦からの巻き返しを誓った。

タイ・ホンダ・シンハ・SAGのラタパー・ヴィライローは4日、タイの首都バンコクでプレスカンファレンスを行い、心配されていた昨年12月の事故の後遺症がないことを説明した。

母国タイに一時帰国した昨年の12月6日、バイク事故により、両手と頭部を強打。18日間の入院後、67日後に医師団からレース活動の許可が下り、3月5日からのオフィシャルテストに参加。

しかし、アクシデントの後遺症により、パフォーマンスが低下。目眩や集中力不足が原因で、第3戦ポルトガルGPと第6戦イギリスGPでは途中リタイヤ、第5戦カタルーニャGPはドクターストップにより、レースを欠場していた。

「サマーブレークを利用して、しっかりトレーニングを積んだ。同時に精密検査を受け、12月の事故から完璧に回復したと、これ以上にない結果が出た。もう、検査の必要はない。」

「僕を支えてくれた家族とファン、APホンダ、チーム、スポンサーに感謝したい。グッドなリザルトで恩返しするために、この8月をターニングポイントにするつもりだ」と、不安を一掃し、後半戦に挑戦することを誓った。

Tags:
Moto2, 2011, Ratthapark Wilairot, Thai Honda Singha SAG

Other updates you may be interested in ›